アーカイブ | 7月 2016

  • レビトラはケンカや持続力アップにも役立ちます

    性生活の中での中折れと言うのは相手に不満を生じさせてしまう一つの要因とも言われています。 また、中折れが起きる事で自分への不満や不安、そして性生活を続ける事への恐怖に繋がる事も在ります。 恐怖と言うのは、再び中折れが起きるのではないかと言った予期不安のようなもので、精神的な不安が起きる事で中折れの症状も起こりやすくなります。 不満を感じる事でケンカになる事もあるため、夫婦仲を取り戻したいと考える男性も少なく在りませんが、中折れと言うのは勃起障害とも言われているEDの場合も在ります。 仕事が忙しくて肉体的にも精神的にも疲れている場合など、性的な興奮を持つ事で勃起はするけれども、途中で元の状態に戻ると言うのが中折れの特徴で、持続力と言うものが無いため、射精する前に戻る事も少なく在りません。 ED治療薬には色々な種類が在りますが、レビトラもその一つであり、有名なED治療薬のバイアグラと同等の作用を持つのがレビトラの特徴です。 尚、レビトラを服用すれば勃起すると言う事は無く、あくまでも性的刺激を受けて性的な興奮状態になることで勃起する時間を長くすることが出来ると言った作用が在ります。 服用することで数時間の作用が期待出来ますが、レビトラには10mgと20mgの2種類が在り、20mgはレビトラの有効成分でもある塩酸バルデナフィル水和物が倍の量になっているもので、10mgは服用してから4~5時間の持続作用、20mgは服用してから8~10時間の持続作用を持つと言われています。 また、服用するタイミングは性行為を行う1時間前、空腹時に服用することで、20分程度で効果を期待出来るようになるなどの特徴を持つED治療薬であり、持続力の効果からもケンカが起きないなどの効果も期待出来ます。