アーカイブ | 5月 2016

  • レビトラとグレープフルーツは絶対にダメ?

    レビトラを飲む上で注意しなけばいけないことがあります、グレープフルーツとは一緒に飲まないようにしてください。 グレープフルーツと言えば健康的な果物と言うことで注目されています。しかしレビトラとの相性は最悪なのです。 グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていますが、これは薬の血中濃度を高める働きがあります、ですのでレビトラの効果が高くなりすぎ副作用が重篤になる危険性があるのです。 薬の効果が高くなる事はいいことのように思われますがそれは同時に副作用も高めてしまうことになるので危険しかありません。 特に用量の高いレビトラを服用している場合は注意が必要です。 レビトラを飲んだ後でグレープフルーツのジュースを飲まないようにしましょう、勿論果物として丸ごと食べるのも現金です。 デザートにグレープフルーツがあった場合にはそれだけよけて食べるようにしましょう。 少しくらいならいいのではと思われますがどの程度で副作用が高まるのかは個人差があるため大丈夫とは言えません。またグレープフルーツを食べてから最低でも24時間経過してからレビトラを飲むようにしましょう。 あとグレープフルーツの他にも八朔や夏みかんもフラノクマリン酸が含まれています。普通のミカンの場合は問題ありません。 グレープフルーツと薬との飲み合わせが危険であることはある程度周知されていますがレビトラとの相性についてはあまり知られていない部分もあります。商品の説明ページでも掲載されていないことがありますのでまず初めてレビトラを利用する時には医師に診察をしてもらってから処方してもらうようにしてください。 きちんと薬の危険性について説明してもらえます。