レビトラは食事の影響を受けにくいから使いやすい

レビトラはバイアグラの次に開発されたED治療薬です。有効成分としてバルデナフィルを含有しており特徴としてはエタノールや見ずに溶けやすいという性質を持っています。この性質はバイアグラやシアリスにはない為、薬の効果が出る時間も一番早くなっています。
レビトラは食事の影響は受けにくいと言われていますが、ある一定の食事ないようであれば影響を受けないということで一定量を超えた食事を摂ると影響を受けてしまうので注意が必要となります。「標準的な食事」の注意点として「総エネルギーの死亡の割合は30%以内」とあります。詳しく説明すると700kcal未満脂質が23.3g以下であれば影響を受けないと考えてよいでしょう。そのため、普通の食事であれば食後にレビトラを服用しても十分に効果を実感できます。他のED治療薬とは違い女性と食事やお酒を十分に楽しんでから服用しても問題ありません。しかし、満腹時よりも空腹時の方が薬の効き目が出るのでより効果を得たい方は食前の20~30分の空腹時に服用することをおすすめします。
レビトラを服用するうえでの注意点としては性行為をする1時間前に服用し、服用は1日1回で次の服用までは24時間以上あけることが必要となります。レビトラは空腹時なら20分ほどで効果が現れ、持続時間は10mgは飲んでから4~5時間、20mgなら8~10時間ほど作用します。
副作用としては顔のほてりや目の充血、頭痛、動機、鼻づまりなどが現れます。副作用と思われる症状は数時間で収まることがほとんどですが、副作用が長く続いたり症状がどうしても気になるという場合はかかりつけの医師や薬剤師に相談することが必要です。

▼一番有名なED治療薬です
バイアグラは選ばれています
▼レビトラは、ジェネリック医薬品もあります
ビリトラ
▼シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品です
シラグラ